T.T(21歳、1年目)

IT専門学校 ゲーム制作科 卒業


takeda interview photo

  • Nurinubiを知ったのは専門学校で開催する企業合同説明会の案内パンプレットからでした。 「皆さんの先輩が大勢働いています!」という文章を読んで、「お、先輩が多いなら、ちょっと見に行ってみようかな?」と思って、 当日に足を運びました。 そして、役員の方と教育の方に詳しい説明を聞いたら、研修の説明が他の企業と比べて、はっきりと「3か月間、~~~のようなカリキュラムで研修を行います!」とのことだったので、ここならゲーム学科の僕でも問題なさそうと思い、入社を決めました。

  • 上司とあまり壁がない感じでした。上下関係よりは、一緒に仕事をしている仲間として尊重するという感じですかね。 そして、ゲーム学科の同期たちが多いので、休みの時間は同期たちとゲームの話で盛り上がることが多いです(笑) 韓国の方が多いと聞いて、最初はちゃんとコミュニケーションがとれるか不安でしたが、実際は皆さん結構気さくでしかも日本語も上手だったので特に困ると言ったことはありませんでした。

  • 最初はビジネスマナー研修をやるのですが、今まであまり学生として知らなかった、社会人としての基本について初めて知ることができたので、とても助かりました。前はマナーというものを知らなかったです(笑) 技術研修は、ゲーム学科として、習った触れたことない知識だったので、覚えるのに苦労しました。そんな僕でも、ある程度はついていくことができて、開発課題もギリギリ完成まではできるレベル感でしたね。

  • 5人で飲食系のECサイトを開発するプロジェクトだったのですが、 初めて0からのWEBシステム開発だったので、とても面白かったです。 でも、最初はリーダーという大役を任されてかなり不安でした。 仕事をまとめる業務の大変さを味わった感じです。でも、無事終了して安心しました。 この経験を経て、いろいろと成長できた気がします。

  • 動画配信システムの認証回りの実装をしたり、社内教育のためのドキュメントをリニューアル作業もしましたね。今は社内システムのNUTSの強化を行ってまして、特にアプリへ通知を送る機能を実装しています。