K.K(20歳、1年目)

地方から上京。IT専門学校卒業


kawauchiya interview photo

  • 技術力に自信がなかった私は、技術はもちろん、人としても成長できる会社に就職しようと思っていました。 専門学校で就職活動をしているときに、学校には「企業説明会」で色んな会社の採用担当者の方々が話をしに来てくれていて、 そんなときにNurinubi会長である古田さんが、企業説明会に来てくださり、「もう少し詳しく話を聞いてみませんか?」 と私に言ってくださって、私も話を詳しく聞いているうちに「この会社は自分を見てくれている。成長できる。」と感じました。 去年の卒業生である3人の先輩もNurinubiに入社していて、3人とも尊敬できる先輩であったということも入社する決め手となりました。

  • IT業界全般のイメージとしてもっと堅い雰囲気なのかなと思っていましたが、皆さん優しくて、すぐに慣れました。 とっても働きやすい環境だと思っています。 最初は、韓国の方が多くいると聞いていたので、楽しみ半分、コミュニケーションが取れるのか不安半分でしたが、いい意味で裏切られました。 みんなとってもいい方で、日本語も全く問題がない方ばかりでした。 寮でも韓国の方と一緒に住んでおり、色々と面白い話もいっぱいしていますので、生活がとても楽しいです!

  • 正直、今後のビジョンが明確には見えていませんが、理想として思っていることとしては、 リーダー業務などをバリバリこなせる人になりたいと思っています。 そのために今も、いろんな機会に触れて、いろんな知識を吸収して、人間的にも成長できるように頑張っています。

  • 専門学校でやっていた内容もあったのですが、確実に今までよりスキルが身についたと思います。 わからない人目線で講義を進めてくれていたので、今までなんとなくでやっていた部分も理屈として頭に落とし込めたかなと思います。 また、毎日その日の最後に行われる小テストで、自分ができない部分を明確化することができて効率的に研修を進めることができました。

  • 入社して間もない僕にとっては、会社の色んな人と交流ができてメリットでしか感じていません。 普段会わないであろうリーダー格の方達ともお話ができて、ためになる話もよく聞きます。 部活に関していえば、僕自身しばらく運動できていないこともあって、運動不足解消にも繋がっていますし 社員と仲良くなれるチャンスだと思っているので、こういった機会があるのはうれしいです。